HOME > イベント・自然体験 > 天売島の野鳥イベント 2017

天売島の野鳥イベント 2017

天売島バードマンス:4月29日〜5月28日

イベント開催やバスの運行でバードウォッチャーをサポート!

期間中乗り放題
バーダーズバス
鳥にも人にも優しい
限定6名の探鳥会
天売島・焼尻島 自然が生んだ
愛の風物 撮影会
高速シャッター & 高感度撮影
を磨く撮影会

ゆっくり滞在してお目当ての鳥たちに出会おう! 
バーダーズバスがGW期間中乗り放題2000円

 
春の天売島は、北上中の渡り鳥が羽を休めるベストシーズン。道路脇から森のなかまで、どこでも美しい夏羽の野鳥が見られる。海鳥も勢ぞろいし、鳥びたりの日々を送るにはもってこいだ。2017年の天売島バードマンスは4月29日〜5月28日。期間中は、イベント開催、バスの運行、海の宇宙館での野鳥情報提供などでバードウォッチャーをサポートする!
 

▶GW期間中にバードウォッチャー専用バス

4月29日〜5月7日の期間中、2000円で乗り放題のバーダーズバスを以下の通り運行する。

海の宇宙館発 8:30,11:30,15:30 →→→ 黒埼海岸→→→ 赤岩展望台 →→→ 千鳥が浦 →→→ 観音岬 →→→ ノゴマ館 →→→ 海の宇宙館
      (運行所用時間約30 分、一日3便運行)

野鳥観察する人も撮影する人も、バスをうまく利用して、鳥の出方やその日の天候に合わせて観察場所を選ぶといい。
 

▶海の宇宙館で情報提供、スタッフがサポート

バードマンス期間中は、野鳥情報が天売島ビジターセンター「海の宇宙館」に掲示され、午後4時から情報交流や楽しい企画がある日も。できるだけ長期滞在して、劇的な鳥との出会いを待とう。フィールドを知る次のスタッフが参加者をサポートする。
 
GW期間のスタッフ:寺沢孝毅、野村真輝、齊藤暢

ツメナガセキレイ

とびっきり野鳥講座 5月5〜7日、7日〜9日、13〜15日
鳥にも人にも優しい限定6名の探鳥会

 

▶天売島集合・解散で定員6名

5 月はホオジロ類、ヒタキ類、ムシクイ類、アトリ類などが入り乱れ、雑木林や庭先、畑など人々の暮らしのすぐそばで野鳥が普通だ。なかには珍鳥が含まれることも。海鳥の繁殖は抱卵を迎え、ウミウ、ウトウ、ケイマフリなどの観察がしやすい時期だ。海が静かな日はサプライズがあるかも……。
天売島野鳥歴35 年の自然写真家・寺沢孝毅が、その日のベストコースを案内する。定員6名の少人数制なので初心者も安心だ。
 
▶集合場所
海の宇宙館に初日16:00集合(羽幌発14:00 のフェリー乗船で参加可)。
▶参加費
16,800 円 講師代、一周バス代、ウトウバス1回、昼食1回分、傷害保険代金込み(宿泊は各自手配、協定宿泊施設をご案内)
▶企画・主催  ㈲ネイチャーライヴ LinkIcon野鳥講座.pdf

観音岬ハート型地形

天売島・焼尻島 自然が生んだ 愛の風物 撮影会 
定員20名で、カメラ女子に「愛の写真」額装の特典付き

 

▶焼尻島に息づく自然がつくった日本庭園

羽幌から定期船に乗ると、まず焼尻島に到着だ。内陸部のイチイやミズナラの原生林は、独特の形の奇木が特徴だ。5月初旬は、林床に咲くエゾエンゴサクが美しい。
 

▶海鳥が愛を育む天売島の絶景を海から撮影

スマホ撮影などの初心者も気軽に参加できる撮影会だ!
 

▶焼尻島に息づく日本庭園

羽幌から定期船に乗り、まず焼尻島に集合。内陸部にある形が独特なイチイやミズナラの奇木、林床の花園などの撮影を楽しむ。
 

▶海鳥が愛育む天売島の絶景を!

天売島は8種類100万羽の海鳥繁殖地。世界最大数を誇るウトウの大帰巣は圧巻で、求愛と美声が愛らしいケイマフリは見る人を魅了する。愛を育む海鳥たち、風景、人の暮らしなど「島」を写し撮る島びたりの5泊6日。
 
▶日 程 ・費用 5 月1日〜5月5日(短縮可) 17,300円
講師代、バーダーズバス、ウトウバス1回、初日弁当、二日目昼食、傷害保険代金込み(定期船代、ボート代、漁船クルーズ代、宿泊料などは含まない)
▶集合 焼尻港5月1日9:30
▶解散 天売島 海の宇宙館5月5日9:30
▶定員20名 ▶講師 寺沢 孝毅
▶企 画・主 催 ㈲ネイチャーライヴ LinkIcon17愛の風物撮影会.pdf
 

バーダーズバス・とびっきり野鳥講座・愛の風物撮影会 に関する予約・お問い合わせ
 電 話 ㈲ネイチャーライヴ 01648-3-9001
 E-mail:naturelive@me.com   【受付中】
 ホームページ www.teuri.jp(最新情報の収集)

ケイマフリ

オロロン三兄弟(ケイマフリ・ウトウ・ウミガラス)に出会いたい! 
高速シャッター & 高感度撮影を磨く撮影会

 
止まることを知らないデジタルカメラの進歩。高感度を活用した高速シャッター撮影など、最新の機能を試すには天売島の海鳥は被写体として絶好だ。形、色彩、うす暗闇など自然がつくる一瞬の美や空気感を写し取ることに挑戦しよう!
 
▶波静かな海を岩を縫うように小型ボートで
 一年のうちもっとも波静かな初夏は、海からの観察や撮影に最適。小型ボート「ケイマフリ号」で海に出よう。断崖が囲む海を飛び回る真っ赤な足のケイマフリ。躍動するその動きを高速シャッターでピタリと写し取ろう! 運が良ければ絶滅危惧種のウミガラスにも出会えるだろう。
 夕食後は、夕闇迫るウトウの帰巣に高感度撮影で挑もう。ストロボを使用せず、明るさが足りないシーンで撮影を積むことで、技術を身につけよう。
 この季節は、島じゅうでさえずるノゴマが最高のパフォーマンスを見せてくれる。崖沿いのポイントからケイマフリやウミウの観察・撮影ができ、荒れて船が出ない場合でも撮影が可能だ。
 
▶募集定員 6名
▶講師 寺沢 孝毅
▶日 程・代金・予約など
① 6 月3日〜5 日 ③6 月24日〜26 日(土・日・月)
天売島集合・解散34,500 円
ボート代、ガイド料、ウトウバス代2回、傷害保険、昼食1回込み(宿泊各自手配、協定宿泊施設を紹介) LinkIcon17開催要項

予約・問合わせ ㈲ネイチャーライヴ 01648-3-9001
E-mail:naturelive@me.com   【受付中】
ホームページ www.teuri.jp(最新情報の収集)

 
② 6 月10 日〜12 日(土・日・月)
集合・解散は羽田または新千歳空港。羽田空港発着139,000 円、新千歳空港発着109,000 円(5 名様より催行)

予約・問合わせ: ㈱ワイバード03-5827-8917
ybird@ybird.jp 【受付中】

関連Blog